サイトマップ

脊柱管狭窄症といわれたら…どんな治療?

多くの方が悩む腰痛、その原因のひとつとして多いのが「脊柱管狭窄症」です。脊柱管狭窄症は、背骨の加齢変化とも大きくかかわっており、完全に防ぐことができないとも言われます。それでも、なりにくい身体をつくることは可能です。坐骨神経痛
予防策としては、普段から正しい姿勢を心がけ、脊柱の変形を予防することです。背骨が変形すると、その背骨に沿って走る脊髄に過度な負担がかかってしまいます。普段の生活から腹筋・背筋の働きを意識し、気づいたときだけでも姿勢を正すことで、このリスクを低減させることができます。

それでも脊柱管狭窄症になってしまったら、軽度であればリハビリなどの保存・運動療法でも治療は可能です。

症状が強く、起きられない、座れないというほどになってしまったら、大きな病院で手術をしたり、コルセットを装着して安静期間を経て、ゆっくりと起きる練習から始めるリハビリを行うこともあります。その際、血管の血流の流れをよくする薬を使うこともあります。


いずれにせよ、痛みが出たら早めに一度専門医にみてもらうことで、より重大な症状になることを予防できます。自分で「脊柱管狭窄症」だと思っても、実際は違う原因であった、という体験談も聞きます。まずは精密検査で、しっかりと原因を調べてもらいましょう。

「脊柱管狭窄症の痛み|坐骨神経痛の症状」について

Copyright © 脊柱管狭窄症の痛み|坐骨神経痛の症状. All rights reserved